努力目標

 教育活動の充実
 
 ○ 豊かな心をはぐくむ
  ・心を潤す4つの言葉、基本的生活習慣や規律の徹底を図り、意欲の向上を推進する。 
  ・人・自然・地域とのふれあい等、体験を通した道徳教育・特別活動の充実に努める。
  ・特別支援学級との連携を積極的に進め、個に応じたきめ細かな指導に努める。

 ○ 健康・体力向上と安全な学校づくり
  ・授業や体育的行事等を通して、児童の体力向上を図り、健康の保持増進を推進する。
  ・保健指導、給食指導、食育の充実を図り、体調管理や基本的生活習慣を身につけさせる。
  ・緊急対応マニュアルの徹底、安全指導の充実を図る。


 ○ 確かな学力の充実
  ・各教科領域等、基礎・基本事項の指導に創意工夫を加え、基礎学力の質の向上を図る。
  ・個に応じたきめ細かな指導を積極的に推進すると共に、少人数指導等、多様な学習形態と
   指導法の工夫・改善を図る。


 ○ 積極的な生徒指導の充実
  ・一人ひとり存在感のある、学年・学級経営の充実を図る。
  ・組織的な校内指導体制の充実を進める。
  ・差別やいじめを根絶し、長欠児童の減少を図る。

 教育環境の充実

○ 研究研修の充実
  ・学校課題研修「国語力向上」の充実と「理数教育」の推進、「道徳・食育・体力向上」を継続し
  て実施する。

  ・小中一貫教育コーディネーターを核とした「小中一貫教育推進モデル校」の研究を推進する。

  環境の整備の充実
  ・学校ファ−ム・花壇等の栽培計画を立案し実施する。
  ・安心、安全な施設設備の充実と校内掲示の工夫を図る。
  ・子どもとともに取り組む美化(清掃)活動を推進する。

○ 開かれた学校の推進
  ・教育活動の積極的な公開と地域への参加を行う。
  ・保護者や学校関係者評価委員による評価を活用する。
  ・小中の連携および教育関係機関との連携を図る。
  ・地域連携コ−ディネーター、保護者、地域との連携を図る。